スラックラインのイベントはお任せください! - EXALER - エクスエイラー
EXALER - エクスエイラー
EXALER
Slackline
Professionals

スラックラインフリースタイラーズ2024 イン キメラゲームス Vol.9 SLACKLINE FREESTYLERS 2024 in CHIMERA GAMES Vol.9

『SLACKLINE FREESTYLERS 2024 in CHIMERA GAMES Vol.9』

第7回目となるスラックラインフリースタイラーズ!

舞台は昨年に続き最高無類の遊び場「CHIMERA GAMES」内において開催が決定!

2024年3月に行われた『ONLINE TRICKLINE CHAMPIONSHIPS 2024』を勝ち抜いたBest16の選手の他、国内外で活躍する有力な選手による熱いバトルが繰り広げられる。今年は1on1トーナメント方式と新ジャンル”TRICKLINE SICKS”なる2タイトルが用意される。

<場所>

・お台場青海地区P区画(〒135-0064 東京都江東区青海1丁目1)

”CHIMERA GAMES Vol.9”内、特設会場にてトリックラインのコンテストを開催。

 

<日程>

●2024/5/18(土) TRICKLINE SICKS
●2024/5/19(日) 1on1 TOURNAMENT 

≪スラックラインフリースタイラーズ2024コンテストルール≫

<競技規定>

TRICKLINE SICKS

 TRICKLINE SICKS(6) 大会ルールについて

 

<コンセプト>

「TRICKLINE SICKS(6)」は、「個々の選手が持つポテンシャルを最大限に引き出し、Sickで最高なパフォーマンスを」をコンセプトに生まれた新しいスタイルの大会カテゴリーです。

 

<ルール概要>

大会コンセプトを実現するために、下記のルールを規定しました。

 

●演技時間の撤廃

演技時間が設けられていると、急いで技を開始したり、技数にこだわり高さを調整したり、失敗を恐れ高難度の技への挑戦を控えたりといった選手を悩ませる状態にありました。

そこで、”演技時間ではなく、技の数”でカテゴライズすることで、選手は時間を意識することなく、充分な高さを出してパフォーマンスできるようになります。

 

●スタート前調整時間の設置

コンボを開始する前に、30秒間の「スタート前調整時間」を設けました。これにより、選手は最高の状態および理想の高さから演技を開始できます。

(※詳しくは、下記「スタート前調整時間について」を参照。)

 

●コンボ数を「6」に設定

個々の選手が持つSickでSteezeな最高難度の技を、間に調整技を入れずに連続して行える最適数を考え「6コンボ」としました。

(※詳しくは、下記「コンボ数について」を参照。)

 

<大会形式>

トリックラインシックスは文字通り6つ(※以内)のトリックのみで構成された1シーケンス(コンボ)でポイントを競い合います。各選手1ヒート内に2シーケンス(コンボ)を行い、ベストポイントから選出された8人が決勝進出します。さらに各選手1ヒート内に2シーケンス(コンボ)を行いベストポイントから順位を確定。また、各ヒートはビデオジャッジで判定されます。
男女総合の部より上位3位、女子上位3位までを表彰。

 

<フォーマット>

OTC2024からの招待選手および運営が選出したワイルドカードで行い、「ワイルドカード」→「OTC2024の下位から上位の選手」の順で、パフォーマンスを行います。

 

<スタート前調整時間について>

選手の体が地面から離れ全体重がラインに乗ったところからタイマーがスタートし、そこから30秒間は調整のためのバウンスを許可します。

ただし、連続して2つ目の技が披露された段階で、ジャッジ判定のコンボがスタートしたとみなされます。その際、コンボのやり直しは認められません。

選手は30秒のブザーが鳴る前にコンボをスタートする必要があります。(※コンボの開始とは1トリック目のスタートバウンスが始まっている状態を指します。)

また、30秒を経過しても技が披露されない場合は、そのシーケンスは0点となります。

 

〇スタート前調整時間無制限ボーナス

1シーケンス目のコンボが成功に終わりライン上に残っている場合、選手はそのまま2シークエンス目を始めるか、一旦ラインアウトするかを選択できます。

 

(ラインから降りずに2シークエンス目を始める場合)

⇒2シークエンスを開始するまで時間無制限でスタート前調整バウンスが許可されます。

 

(一旦ラインアウトする場合)

⇒ラインアウト後、選手の体が地面から離れ全体重がラインに乗ったところからタイマーがスタートし、そこから30秒間は調整のためのバウンスを許可します。

 

 

〇スタート前調整時間内に許可される技の例 

・Butt → Chest → Butt の繰り返し

・Butt → Feet の繰り返し

・Back Bounce → Feet の繰り返し

・その他の単発トリック → Feet の繰り返し

・Feet → その他の単発トリック → Feetの繰り返し

・Feet → その他の単発トリック → Butt → Feetの繰り返し

・Feet → その他の単発トリック → Chest → Feetの繰り返し

etc.

(※その他、大会本部に確認してください。)

 

〇コンボがスタートしたとみなされる例

・連続して2つ目の技が披露された場合

・30秒経過後のトリック

 

<採点方式>

今大会はISIのジャッジングシステムに則ったポイントスコア方式とする。

https://isi-slacklinejudging.org/rules.php?alllist=on

 

<コンボ数について>

採点の対象となるコンボ数は、最初に行われた最大6コンボとする。従って6コンボ以内であれば3コンボでも5コンボでも演技を終えて構いません。

ただし、下記に該当する場合はコンボ判定されず、コンボボーナスは付与されません。

・7つ以上のコンボを行った場合。

・最後のトリックが失敗に終わった場合。

・コンボの間に、次の技への移行のためだけに行われたバットバウンスやチェストバウンスが入った後のコンボ。

※例)コンボの間にButtやChestが入り、2コンボ+4コンボになってしまった場合は、最初の2コンボが採点対象となります。

 

〇コンボボーナスについて

ISIのジャッジングシステムにおいて、コンボと判定されるか否かでトータルスコアは大きく変わります。したがって選手はそのコンボがコンボ判定されるように注意が必要です。

 

〇その他コンボについては、ISIのルールの「4.コンボスコアについて」をご覧ください。

https://isi-slacklinejudging.org/rules.php?alllist=on

 

<全体的なパフォーマンスと幅・高さの評価について>

選手は演技時間を気にすることなく技を披露できるため、ジャッジは「全体的なパフォーマンスと幅・高さの評価(OAPジャッジ)」をこれまで以上に重視し評価します。

非常に高いトリックに関しては、演技全体の評価に加え、個々のトリックにSteezeポイント(※最大1.5倍)も付与します。

その他詳しくは、ISIのルールの「6.全体的なパフォーマンスと幅・高さの評価について」および「3-5.スティーズについて」をご覧ください。

 

<ライン規定>

・使用ライン:未定トリックライン用ウェビング(スパイダースラックラインズ)

・ライン幅:2インチ

・ライン高:マットから約150cm程度を予定。

・ライン長:約20m程度を予定。(※Aフレーム間)

・インフレータブルマット H60cm×W8m×L9mを配備予定。

 

<参加資格>

・OTC2024のベスト16名及び海外選手他、運営が選出したワイルドカード。 

(※別途キメラゲームス会場チケットの購入が必要。中学生以下無料)

チケット購入はコチラ

https://games.chimera-union.com/ticket/

<競技規定>
1on1 TOURNAMENT

1on1 TOURNAMENT 大会ルールについて

 

「ワンオンワントーナメント」は16名による勝ち抜きトリックラインバトルで1対1のブラケッティング対戦方式。審査員長にAzcanこと我妻吉信を迎え、さらにスラックラインシーンを代表する5名のキーパーソン達によるジャッジで勝敗を判定。

 -----------------------------------------

〇ジャッジについて(※監修:我妻吉信)
5つの項目を各ジャッジマンが担当。
①パワー ②テクニック ③クリーン ④ダイナミック ⑤パフォーマンス
の5つに分けられたカテゴリーを歴代のトリックライナーが総合的に判断する。5人のジャッジマンが審査する
カテゴリー別の詳細は以下に

【パワー】
・回転数:スピン、フリップ、ひねり他による回転数
・コンボ数:トリックとトリックを連続して行った回数

・回転やコンボにおける難易度

 

【テクニック】

・フィート:足裏でのスタートやマウント(キャッチ)におけるトリック難易度

・バックバンス:背中でのバウンスにおけるトリック難易度

・スタティック:静的なポージングやバウンスからのスタティック系マウントにおけるトリック類

 

【クリーン】

・ミス:【減点 大】演技中にラインから落下
・ダブ:【減点 中】バウンス時に足裏や手で地面に触れ落下を庇う行為

・その他:【減点 小】トリック時に規定のフォーム及びポーズに沿わない形

 

【ダイナミック】

・最高難易度:各試合中におけるもっとも難しいトリック(単発)をメイク


【パフォーマンス】
・演技構成:コンボのスタートからフィニッシュに至るまでのルーティーン
・バランス:fs/bs、グラブ、スタティック、ナスティー、フリップ、スピン、フィート、バックバウンス、
回転数等の多様性

---------------------------------------------------

<ルール概要>
・各選手90秒間の持ち時間が与えられる。
・落下や休憩の為に任意で演技を中断でき相手選手と演技を交代する。
・アディショナルタイムは無く90秒以内に演技を終了とする。

男女総合から上位3位を表彰。

 

<ライン規定>

・使用ライン:未定トリックライン用ウェビング(スパイダースラックラインズ)

・ライン幅:2インチ

・ライン高:マットから約150cm程度を予定。

・ライン長:約20m程度を予定。(※Aフレーム間)

・インフレータブルマット H60cm×W8m×L9mを配備。

 

<参加資格>

・OTC2024のベスト16名及び海外選手他、運営が選出したワイルドカード。 

(※別途キメラゲームス会場チケットの購入が必要。中学生以下無料)

チケット購入はコチラ

https://games.chimera-union.com/ticket/

 

■荒天による順位確定方法
今大会は屋外開催の為、天候により試合数が減少する可能性があります。
<1日のみ雨の場合>
・仮:TRICKLINE SICKS を優先して進行(ヒート1のみもありえる)

 

<両日とも雨天の場合>

・大会を延期し、次回大会まで出場権利を保持するものとする。

 

 

<ライン規定>

・使用ライン:未定トリックライン用ウェビング(スパイダースラックラインズ)

・ライン幅:2インチ

・ライン高:マットから約150cm程度を予定。

・ライン長:約20m程度を予定。(※Aフレーム間)

インフレータブルマット  仮:H40cm×W8m×L7mを配備予定。

 

 

<参加資格>

・OTC2024のベスト16名及び海外選手他、運営が選出したワイルドカード。 

 (※別途キメラゲームス会場チケットの購入が必要。中学生以下無料)
チケット購入はコチラ
https://games.chimera-union.com/ticket/

 

<補足事項>

・運営局は今後の大会やイベントで今大会で撮影された動画や写真を使用する権利を有します。

・当コンテスト内で撮影された写真や動画は報道機関および主催者とその関係団体が、使用することがあります。

・当コンテストにて商品やブランド、その他商業的なPR行為・販売行為・勧誘行為は禁止します。

・ISA世界ランキングのポイント付与にはアスリート登録が必要です。希望者は下記より登録してください。登録費は不要です。

■ISA選手登録ページ

https://data.slacklineinternational.org/sport/athlete-registration/?fbclid=IwAR0-JRAkEiCPZ-ZTBJXZhke4IY5FB0EAIn3I4m74tV4oD1SisTZbgUI5iAM

 

 

<免責事項>

・参加者および参加関係者のコンテスト開催中における事故、怪我、病気、死亡などが発生した場合でも、主催者は一切の責任を持ちません。自己の管理のもと怪我などがないように無理のないパフォーマンスに努めてください。

 

 

<特記事項>

・当大会の結果はISIの公式HPにリザルトが掲載されます。

・当大会の結果はISA世界ランキングに反映されます。

 

 

<事務局>

TEL:080-8497-4988(担当:ウエダ)

WEBサイト:https://www.exaler.com/competition/2023-otc/

 質問等はメールにて

 

e-mail :info@exaler.com

アクセス

<共催>

<協賛>

株式会社 NEXUS

Slack Inov

西東京スラックライン

<後援>