オンラインショップ - EXALER - エクスエイラー
EXALER - エクスエイラー
Slackline
Professionals
EXALER
Elephant Slacklines - エレファント スラックライン
Slackline Industries - スラックライン インダストリーズ

FAQ よくあるご質問

Q1 - ラインにテンションが保てません。

A1 - テンショニングを開始する前になるべくラインを手でたぐり寄せて、予めラインに”張り”を作って下さい。

予め”張り”を作らずにスプール(リール部分)にラインを巻きつけるとすぐに巻き取り量がいっぱいなってしまい十分なテンションニングが行えません。

Q2 - ラインがねじれて真っ直ぐセット出来ません。

A2 - 柱や木にセットした部分のラインを半分に折っていますか?動画では”タコフォールド”(タコスの様な折り目)と呼んでいます。半分に折り曲げたつもりでもラチェットで締め上げていく過程でカウヒッチ(結び目)より手前にタコフォールドが引っ張り出され折り目が無くなってしまいます。その結果ラインは縦にセットされ並行になりません。予めタコフォールドを木の後ろ側まで織り込んでおくとラチェットで締め上げてもラインが真っ直ぐに保たれます。

 

Q3 - ラインがスプールに曲がって巻き取られる。

A3 - ラインがラチェットに曲がった状態で巻き取られる原因はスプール(リール部分)の真ん中にラインがセットされていない為です。ラチェットに巻き取る初めの段階でスプールの中心にラインがある事を確認して下さい。その後、巻き取り続ける時も、まっすぐにラインが巻き取られる様に片手でラインのたるみを保持しながらテンショニングして下さい。

ラインが曲がった状態で巻き取られるとラインが劣化しやすくなるので注意して下さい。

 

Q4 - ラチェットが重くて強いテンションが掛けれません。

A4 - ある程度ラチェットを締め上げているとハンドルが重たくなってきます。そうしたらラインと一緒にラチェットを上向きに捻じりハンドルを握ります。脚は前後に肩幅程に開き腰を落として、肘を伸ばした状態でハンドルを引っ張ります。なるべく立ち位置はスラックラインと平行になるようにしましょう。