スラックラインのイベントはお任せください! - EXALER - エクスエイラー
EXALER - エクスエイラー
EXALER
Slackline
Professionals

    インフィニティー2 INFINITY 2

    インフィニティー2

    革新的なテンショニングシステム。

    3つのデバイスが合体した次世代型1インチラチェット。

     

    送料無料!!

     

     

    INFINITY2は、特許技術を備えた新しい独自のデバイスであり、ロングラインまたはハイラインに張力を掛けることができます。セットアップの希望の長さに問わず、インフィニティーを使用すれば1人で長距離の設置も可能になります。たった1つのこのデバイスで 、プーリーシステム、ウェブロック、ソフトリリースの3つの機能が備わっているので他に特別なハードギアは必要ありません。プレテンションからテンショニング、ロック及びリリース作業もシンプルで簡単に操作できます。ハイラインの設置でプーリシステムでのテンショニングが困難な足場スペースではこのインフィニティーが大いに役立つでしょう。ハンドルレバーを延長すれば女性でも楽にテンショニングが行えます。またテンションを緩めて調整しながら任意のテンションでロックすることも可能です。

     

    <インフィニティー2の互換性>

    コネクタの互換性:オメガシャックルØ8-Ø16mm両方向、グリーンピンシャックルØ16-Ø20、クイックリンクØ8-Ø20、すべての対称EN12275カラビナ。

     

    ウェビングの互換性:幅26mmまでのすべてのウェビング。キルビル等分厚いウェビングもセット可。

     

     

    目盛り付きのブレーキ機構のターニングフロントスプリングセレクターを使用すると、システムを最大に設定できます。張力の上限を設定すれば、限界に達した際に自動的にグリップが解けオーバーロードを抑止します。この作用によりロードセルを持たないユーザーにもおおよその数値が把握できます。本体前面にあるダブルピンを使用すると、通常のウェブロックと同じ方法でウェビングをロックできます。さらに、偶発的なウェビングの緩みを防ぎたい場合は、樹木や柱などのメインアンカーの周辺にウェビングのテール(余剰部分)を結んでウェビングを二重にロックすることをお勧めします。特にハイラインではこの作業は必須です。インフィニティー2の最大引張容量は6kNに保証されていますが、ラインがリギングされてロックされると、システムの使用荷重制限(WLL)は10 kN、最小破断強度(MBS)は50kNになります。

     

    注意:インフィニティー2はラチェットとライングリップがミックスされたような機構です。システム内のハイグリップラバーに砂利や草木が付着するとウェビングや本体そのものも傷つけてしまいます。ウェビングを巻き取る際は砂利等を払ってテンショニングしましょう。ハンドルレバーがアンカーに干渉しないように3mスリングを使うことを推奨します。ご使用の前に必ずページ下の動画を確認してください。リリース時には大きなスリップ音が鳴る場合があるので驚かずにテンションを少しずつゆっくりと緩めて下さい。

     

     

    [商品スペック]

    ●ブランド:スラックイノヴ

     

    ●素材:ステンレス鋼板(ボディー)、陽極酸化アルミニウムのホイールとハイグリップラバー(システム内)

     

    ●破断強度:50kN

     

    ●運用強度:10kN(テンショニング後)、6kN(テンショニング時保障値)

     

    ●重さ:1450g

     

    ●製造国:フランス

     

    [セット内容] 

    ■インフィニティー2本体×1

     

    ■エクステンションハンドルレバー×1

     

     

    ¥55,200
    カートに追加
    • 在庫有り
    • 配送期間:3-5日
    インフィニティー2取扱説明書(英文)
    INFINITY_MANUAL_EN (2).pdf
    PDFファイル 5.0 MB

    ▼使用設置例動画

    上の公式動画の様にウェビングの末端から差し込んでください。ループ処理された末端の場合、分厚いモデルのウェビングはパッド部分が差し込めません。無理やり通すとパッドが劣化する恐れがあります。ループを残してパッド部分のみ外して差し込むか、ループをカットしてご使用ください。

    下のレビュー動画ではループの付いたウェビングを途中から二つ折りにして設置する方法も紹介していますが、メーカーはそれを推奨していません。

    ▼関連商品